トラックの荷台が雨樋を壊し、そのまま走り去りました。火災保険で補償できますか? - 火災保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 岐阜 東濃エリア(多治見市・土岐市・瑞浪市)

HOME > 目的別保険相談 > トラックの荷台が雨樋を壊し、そのまま走り去りました。火災保険で補償できますか?

火災保険の保険金請求

トラックの荷台が雨樋を壊し、そのまま走り去りました。火災保険で補償できますか?

2014年11月25日

【ご相談事例】

自宅が狭い路地に面しているのですが、トラックの荷台が雨樋を壊し、そのまま走り去りました。
補償されますか?

【ご回答】

補償対象です。
これは「物体の落下、飛来、衝突、または倒壊で受けた外因的な損害」に該当します。

飛来物や落下物はイメージしやすいのですが、「衝突や倒壊」と聞くといまいちイメージがわかないですよね。
今回のように、自動車がぶつかってくるということも珍しいことではありません。

カーブ沿いに建っており、車がカーブを曲がりきれず突っ込んできたというケースもあります。

ただし、相手の身元が特定できていれば賠償を求めることができますので、その場合はご契約の火災保険から保険金は支払われません。

ちなみに、今回のように接触して走り去っていくのを目にしていた場合、トラックのナンバーを控えて警察へ届け出ると身元が特定できる可能性があります。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

火災保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
正直ホケン通信
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 小栗孝一

運営会社情報

オネスト保険サービス 株式会社
オネスト保険サービス 株式会社

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
土曜日 9:00~12:00

〒507-0041
岐阜県多治見市太平町6-19
SMCビル301

TEL/ 0572-22-1512
FAX/ 0572-22-1344

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2011年~2012年
日本代協東海ブロック
企画環境委員長

2013年~
岐阜県損害保険代理業協会
副会長

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。