主人ががんと診断され入院。団体信用生命保険と生命保険、両方から保険金を受け取れますか。 - 生命保険の保険金請求 - 保険相談 見直し.jp - 岐阜 東濃エリア(多治見市・土岐市・瑞浪市)

HOME > 目的別保険相談 > 主人ががんと診断され入院。団体信用生命保険と生命保険、両方から保険金を受け取れますか。

生命保険の保険金請求

主人ががんと診断され入院。団体信用生命保険と生命保険、両方から保険金を受け取れますか。

2018年07月09日

【ご相談事例】

先日、主人ががんと診断され、長期入院することになりました。
団体信用生命保険と生命保険に入っているのですが、両方から保険金をもらえますか。

【ご回答】

加入している団体信用生命保険と生命保険の契約内容により、保険金を受け取れるケースと受け取れないケースがあります。

まず、生命保険についてみてみまししょう。

生命保険で「がんと診断されたこと」「長期入院したこと」を理由に保険金を受け取れるのは、「がん診断給付金」や「入院給付金」が保障に含まれている場合です。

また、「三大疾病特約」などの保障が備わっている場合には、所定の保険金を受け取れる可能性があります。

一方、一般的な団体信用生命保険の場合、死亡・後遺障害状態になった場合に、残った住宅ローン融資残高相当額が保険金として金融機関に支払われますが、がんと診断されたことで保険金が支払われるには、「三大疾病特約」などの保障が備わっている必要があります。

ただし、「三大疾病特約」に加入している場合でも発症するだけで保険金が支払われるわけではなく、所定の条件が決められています。

詳細は加入している団体信用生命保険によって異なるため、事前に確認をしておくといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

生命保険の相談事例

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
正直ホケン通信
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 小栗孝一

運営会社情報

オネスト保険サービス 株式会社
オネスト保険サービス 株式会社

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
土曜日 9:00~12:00

〒507-0041
岐阜県多治見市太平町6-19
SMCビル301

TEL/ 0572-22-1512
FAX/ 0572-22-1344

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2011年~2012年
日本代協東海ブロック
企画環境委員長

2013年~
岐阜県損害保険代理業協会
副会長

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。