入籍後に海外旅行へ出かけますが、海外旅行傷害保険を旧姓で契約。契約は有効? - その他の保険について - 保険相談 見直し.jp - 岐阜 東濃エリア(多治見市・土岐市・瑞浪市)

HOME > 目的別保険相談 > 入籍後に海外旅行へ出かけますが、海外旅行傷害保険を旧姓で契約。契約は有効?

その他の保険について

入籍後に海外旅行へ出かけますが、海外旅行傷害保険を旧姓で契約。契約は有効?

2018年10月17日

【ご相談事例】

先日入籍をしました。
入籍後に海外旅行へ出かけますが、海外旅行傷害保険を契約する際には旧姓で契約してしまいました。
契約は有効ですか。

【ご回答】

ご質問いただいたように、海外旅行傷害保険を契約する際に旧姓で契約した場合でも、契約自体が無効になることはありません。

ただし、海外旅行傷害保険から補償を受ける場合には本人確認が必要になるため、注意が必要です。

特に、海外でキャッシュレス治療サービスなどを利用する場合には、病院でパスポートによる本人確認を行うことがあります。

現在お使いになっているパスポートが旧姓のままならスムーズに手続きができると思われますが、パスポートが新しい姓に切り替わっている場合には、事前に保険会社に連絡をしておくと安心できると思います。

なお、パスポートが旧姓のままで海外旅行傷害保険に加入する場合、被保険者の名前を旧姓のままにし、契約者名を新しい姓にしておきましょう。

そうすることで、保険会社からの郵便物がスムーズに届きます。

新婚旅行などに出かける場合、入籍前に海外旅行を予約することも少なくありません。

海外旅行傷害保険を検討する場合には、保険屋さんに出発時期などを具体的に伝え、海外でスムーズに補償が受けられるようにしてもらうといいでしょう。

ご相談ご希望の方はこちら
ご相談ご希望の方はこちら

お問い合わせ

皆様からのご相談を心よりお待ちしております。
保険の見直し・無料相談
ページの先頭へ
正直ホケン通信
メディエゾン・アメリカトップのがん治療をサポート

サイト運営者

代表取締役 小栗孝一

運営会社情報

オネスト保険サービス 株式会社
オネスト保険サービス 株式会社

営業時間/
月~金曜 9:00~18:00
土曜日 9:00~12:00

〒507-0041
岐阜県多治見市太平町6-19
SMCビル301

TEL/ 0572-22-1512
FAX/ 0572-22-1344

アクセスマップ
東京海上トップクォリティ

2011年~2012年
日本代協東海ブロック
企画環境委員長

2013年~
岐阜県損害保険代理業協会
副会長

全国保険相談ネットワーク
このホームページは、一般的事項の説明であり、取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なります。ご加入の際は保険会社または最寄りの代理店から重要事項説明書等による説明を再度受ける必要があります。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。